借金がある=クレジットカードは作れないのか 重要となる3つの指標

人によるかもしれませんが、借金があってもクレジットカードが作れるのか?と気になることもあるのではないでしょうか。

結論から先に述べますと借金があってもクレジットカードは作れます!

ただしだからといって誰でもクレジットカードが作れるという意味ではないので、そこは勘違いしないようにご注意ください。

どういうことかというと、クレジットカードが作れるか作れないかは、借金の有無では決まらないということです。

「あ、この人借金ある!だからクレジットカードは渡せません」ということではないということですね。

ではもう少し掘り下げてみましょう。

繰り返しになりますが、借金があるというだけでクレジットカードが作れないということにはなりません。

ただしその借金の程度によってはクレジットカードが作れない場合もあるということです。

年収の1/3以上の借金があるとクレジットカードが作れないという話は聞いたことがある人もいると思います。

それはその通りで、総量規制という法律で明確に定められているのです。これはどうあがいてもお金を借りたりクレジットカードを作ることはできません。

もしできたとしたらその業者は法律を無視しているということ、いわゆる闇金といっても過言ではないということです。

もし1/3以上の借金があってもお金を貸せるという話を聞いても相手にしないことをオススメします。

さて、本題に戻りますが、では借金が1/3以上ではなければクレジットカードが作れるのか?というとそういうことでもありません。

1/3以上は完全にアウトですが、1/3以下は絶対にセーフということにはなりません。

審査をするのは人間ですから、やはり借金が多ければ多いほど審査には不利になります。またクレジットカード会社の中でも法律とは関係なく独自の基準を設けていますから、借金が多ければそれだけクレジットカードを作りづらいということは覚えておきましょう。

また、借金の大小とは別に返済能力もクレジットカードの審査においてとても重要な指標になります。

借金が多くても、収入もそれだけあればクレジットカードを発行する側もいくらか安心できますよね。逆に借金がそう多くなくても収入が少なければちょっと心もとないという判断になるわけです。

もう1つ重要な指標として、過去の事故歴が挙げられます。以前にお金を返せなかったり、返すのに時間がかかったりというケースです。

やはりお金があっても借金が無くてもお金を返さない傾向にある人間というイメージが残ってしまいますから企業としてはクレジットカードをあまり渡したないということになるわけです。

以上、簡単にいうとこういった基準でクレジットカードの審査が進められているので、自分が果たしてクレジットカードを作れる状況なのかをよく見極めてみましょう。

また借金があるだけで、クレジットカードの発行を諦めないでくださいね。

クレジットカードの審査基準について

クレジットカードを発行するには、当然ですが審査が必要になります。以前は、申し込み書に自分の個人情報を記載してクレジットカード会社に輸送し、カード審査を受ける流れでした。しかし、現在はネット社会ですからね。

楽天カードやエポスカード、ライフカードなどをはじめとするほとんどのカード会社がネット入会にも対応していて、申込フォームに必要な情報を入力するだけで審査を受けれるようになりました。

このカード審査に通ることで、めでたくクレジットカードを持つことができるわけですが、そうなると気になるのが、クレジットカード会社は何を基準に審査しているかということです。

一般に言われている審査基準ですが、カード会社は『三つの要素』を重視しているといいます。「収入」、「返済能力」、「住居形態」の3つです。

この中でも、特に住居形態については明確な移住場所を確認する上でも重要な要素になります。クレジットカード会社はこれらの要素を基本とし、より細かい審査を行っているのです。

審査の方法としては、ネットで入力した個人情報、または申込み書に記載された情報を元にスコアリングという方法で、項目ごとに点数をつけていきます。

年齢、職種、勤務先、勤続年数、年収、住居形態、居住年数、家族構成などが主な項目になりますが、これらの合計点がクレジットカード審査の合否を左右します。

そして、最も重要視される内容というのが、過去の支払い履歴や現在の借入状況についてです。ただ、これについては申告した個人情報では得ることができませんよね。

そこで、カード会社は必ず「個人信用情報センター」という機関に照会をお願いするのです。そこには以前、カード申込者が利用したローンやクレジット情報などが保管されています。

例えばですが、過去にクレジットやローンなどで延滞を繰り返した場合や、現在、消費者金融などから借り入れがあってもすぐに分かります。

延滞はもちろんのこと金融会社からの借り入れについても、状況によってはカード審査の大きなマイナス要因となりますので、その辺は注意する必要があります。

次回は、クレジットカードを作るうえで「重要となる3つの指標」について紹介していきたいと思います。ではでは。

クレジットカードの申し込みから審査、発行までの流れ

日本国内のみならず、世界中で普及しているクレジットカードですが、その種類は膨大なものとなっています。

大手カード会社のクレジットカードをはじめ、信販系、流通系、さらには、消費者金融系のクレジットカードなど様々なカードがありますからね。

今やほとんどの人が持っているため、持っていないほうが珍しいとされているクレジットカードですが、今日は最初ということで、申し込みから審査、発行までの流れを簡単に説明したいと思います。

まず、クレジットカードの申し込みですが、基本的に自分が希望するカード会社で行います。現在はネットでの申し込みが主流となっていますので、カード会社のホームページにいって申し込むことになります。

申し込みを行うと次に行われるのが、クレジットカード会社による「カード審査」になります。このカード審査というのは、カード会社ごとにそれぞれ審査基準というものを設けていて、この審査基準を通過することではれて「クレジットカードが発行」されることになるわけです。

審査に通りクレジットカードが発行されれば、すぐにでもクレジットカードを利用することができるわけですが、ここで注意しなければならないのが、クレジットカードを使える場所や用途については、カードを発行した会社側が指定している場所や用途だけになるということです。

つまり、クレジットカードを持っているからといって、どこでも自由に使えるとは限らないのです。場所や用途に関係なく使いたいのであれば、有名な大手クレジットカードを選ぶようにしたほうがいいですね。

ただ、大手クレジットカードというのは、審査基準が厳しいため、誰でも発行できるわけではないというデメリットがあります。確実にクレジットカードを発行したいなら、信販系、流通系、消費者金融系の会社を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

次回は、クレジットカード審査の流れをはじめ、基本的なカード審査の基準についても紹介していこうと思っています。ではでは。