クレジットカードの申し込みから審査、発行までの流れ

日本国内のみならず、世界中で普及しているクレジットカードですが、その種類は膨大なものとなっています。

大手カード会社のクレジットカードをはじめ、信販系、流通系、さらには、消費者金融系のクレジットカードなど様々なカードがありますからね。

今やほとんどの人が持っているため、持っていないほうが珍しいとされているクレジットカードですが、今日は最初ということで、申し込みから審査、発行までの流れを簡単に説明したいと思います。

まず、クレジットカードの申し込みですが、基本的に自分が希望するカード会社で行います。現在はネットでの申し込みが主流となっていますので、カード会社のホームページにいって申し込むことになります。

申し込みを行うと次に行われるのが、クレジットカード会社による「カード審査」になります。このカード審査というのは、カード会社ごとにそれぞれ審査基準というものを設けていて、この審査基準を通過することではれて「クレジットカードが発行」されることになるわけです。

審査に通りクレジットカードが発行されれば、すぐにでもクレジットカードを利用することができるわけですが、ここで注意しなければならないのが、クレジットカードを使える場所や用途については、カードを発行した会社側が指定している場所や用途だけになるということです。

つまり、クレジットカードを持っているからといって、どこでも自由に使えるとは限らないのです。場所や用途に関係なく使いたいのであれば、有名な大手クレジットカードを選ぶようにしたほうがいいですね。

ただ、大手クレジットカードというのは、審査基準が厳しいため、誰でも発行できるわけではないというデメリットがあります。確実にクレジットカードを発行したいなら、信販系、流通系、消費者金融系の会社を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

次回は、クレジットカード審査の流れをはじめ、基本的なカード審査の基準についても紹介していこうと思っています。ではでは。