クレジットカードの審査基準について

クレジットカードを発行するには、当然ですが審査が必要になります。以前は、申し込み書に自分の個人情報を記載してクレジットカード会社に輸送し、カード審査を受ける流れでした。しかし、現在はネット社会ですからね。

楽天カードやエポスカード、ライフカードなどをはじめとするほとんどのカード会社がネット入会にも対応していて、申込フォームに必要な情報を入力するだけで審査を受けれるようになりました。

このカード審査に通ることで、めでたくクレジットカードを持つことができるわけですが、そうなると気になるのが、クレジットカード会社は何を基準に審査しているかということです。

一般に言われている審査基準ですが、カード会社は『三つの要素』を重視しているといいます。「収入」、「返済能力」、「住居形態」の3つです。

この中でも、特に住居形態については明確な移住場所を確認する上でも重要な要素になります。クレジットカード会社はこれらの要素を基本とし、より細かい審査を行っているのです。

審査の方法としては、ネットで入力した個人情報、または申込み書に記載された情報を元にスコアリングという方法で、項目ごとに点数をつけていきます。

年齢、職種、勤務先、勤続年数、年収、住居形態、居住年数、家族構成などが主な項目になりますが、これらの合計点がクレジットカード審査の合否を左右します。

そして、最も重要視される内容というのが、過去の支払い履歴や現在の借入状況についてです。ただ、これについては申告した個人情報では得ることができませんよね。

そこで、カード会社は必ず「個人信用情報センター」という機関に照会をお願いするのです。そこには以前、カード申込者が利用したローンやクレジット情報などが保管されています。

例えばですが、過去にクレジットやローンなどで延滞を繰り返した場合や、現在、消費者金融などから借り入れがあってもすぐに分かります。

延滞はもちろんのこと金融会社からの借り入れについても、状況によってはカード審査の大きなマイナス要因となりますので、その辺は注意する必要があります。

次回は、クレジットカードを作るうえで「重要となる3つの指標」について紹介していきたいと思います。ではでは。